暮らしを追求した工法

SUPERWALL

「古からの技術=自然を活かした古き良き技術」は非常に優れており昨今の流行りでもあります。
ただ、現代技術も素材やお住まいの考え方の進歩、現代の気候や風土に合わせて、より暮らしに適した素材となっています。
カーペンターズハウスでは「お客様が末永く安心して住むために良い素材を使う」事を大切にしており、自然素材~現代素材までを理屈に適った上で利用しています。

スーパーウォール工法で
お住まいの居心地の良さを体感いただけます

スーパーウォールは「健康」「快適」「安心」「安全」を最高水準にまで高め「暮らし性能」を追求した工法=材料です。
夏は涼しく、冬は温かく、一年を通して居心地の良さを体感できます。
また、耐震性や耐火性、防音に優れているという優れた特徴があります。

※弊社は株式会社LIXILのスーパーウォールを使用しています。
※以下掲載情報や抜粋画像は株式会社LIXILのWEBサイトおよび商品カタログ「SUPER WALL CONCEPT & TECHNICAL BOOK」を参考にしています。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

高断熱高気密

部屋間の温度差が少なくヒートショックの軽減に繋がります

建物全体の断熱性能を高めると、部屋間の温度差が少なくなります。省エネルギー基準レベルの家とスーパーウォールの家を比較してみると、以下の図から分かるように断熱効果が高いのが分かります。
暖房の部屋から出た際のヒンヤリとした感覚も少なく感じられます。浴室やトイレにおけるヒートショック※1のリスク軽減にもつながります。
※ヒートショックとは入浴時等の急激な温度変化によって、血圧や脈拍が変動し心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などの原因が「ヒートショック」と考えられています。

室温シミュレーション算出条件 ●AE-Sim/Heatにより算出 ●自立循環型住宅ガイドライン一般地モデルプラン(2階建て/延べ床面積:120.07m2 ) ●家族構成:4人家族 ●暖房:20℃ ●暖房運転:居室間歇運転、●気象条件:拡張アメダス気象データの東京を使用 ●住宅断熱仕様:(一般住宅)平成25年省エネルギー基準6地域適合レベル、(SW工法住宅)2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会「HEAT20」 G2基準6地域適合レベル掲載データはシミュレーションにより算出した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

高い気密性の確保

お住まいには目に見えない隙間が多く存在しています。暖房や冷房をかけても隙間から温かい空気や冷たい空気が漏れてしまいます。
スーパーウォールの気密性能はC値(相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、気密性にすぐれていることを示します。

実住宅の数値は、気密測定によって確認することができます。
記載の数値は、床面積を132㎡として計算

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

高い換気性

室内を24時間快適に保ちます

気密性が低い住宅では、外気の侵入で空気の流れにムラができます。
スーパーウォールの家では、高い気密性によって住まい全体の計画的な換気が行え、空気のよどみを少なくすることが可能です。

お住まいの条件に合わせた計画換気システム

計画換気システムには、大きく分けて排気のみを機械で行う第3 種換気と給排気を機械で行う第1 種換気があります。
スーパーウォールの家では、第3 種換気として排気のみダクトを使用するタイプ「けいざい君」とダクト配管が不要のタイプ「すっきり君」を、第1 種換気として熱交換型のダクト式換気システム「ECOAIR85」「ECOAIR90」をご用意。建物の特徴や条件に合わせて、選択することが可能です。
住まいの省エネ性を高めたい場合は、熱交換型の計画換気システムをおすすめしています。

スーパーウォールの家では、一年を通して計画換気システムの使用を基本としていますが、春や秋など季節のよい時期は、自然の風を取入れて心地よく暮らすことをおすすめしています。
自然の風を取入れるには、周辺の地形や住環境を把握し、海風、川風、山から吹き降ろす風、周辺の住宅やマンションなどの建物の配置を考慮し、通風計画を立てることが大切です。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

優れた耐震性

木造最髙レベルとなる「壁倍率5 倍」

スーパーウォールのパネルは、建築基準法で木造最髙レベルとなる「壁倍率5 倍」( 国土交通大臣認定を取得)を実現しています。
壁倍率2.5 倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能で、一般の家の壁( 筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

耐震等級3の設計での備え

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000 年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級1としています。

専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。
スーパーウォールの家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3の設計を推奨。
消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

高い耐久性

高性能な硬質ウレタンフォーム

高性能な硬質ウレタンフォームの特長は湿気を通しにくく、グラスウール比の約2 倍※1の断熱性能です。
これにより壁内部の結露を抑えることができるため、耐久性の向上に効果を発揮します。また、瑕疵保証では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35 年間保証※2します。

※1 グラスウール(16K)との断熱性能比較
※2 保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります。

工場生産のこだわり

硬質ウレタンフォームは、、イソシアネートとポリオールの2 液で成型するため、条件を間違えると良品のウレタンは成型されません。
LIXILの工場では、2 液の徹底した品質管理を行っています。
現場における発泡ではなく工場生産にこだわる理由は、高性能なウレタンフォームの安定した品質を維持するために、細部にわたる品質管理が必要になりますす。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

高い防音性

すぐれた遮音性能

スーパーウォールは、外からの騒音や室内からの外に向けた騒音においても、減衰することが可能です。
モデル住宅での計測結果によれば(周波数500Hzの場合)80dBの騒音も50dBまで減衰することが結果として出ています。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

優れた省エネ効果

年間13万円以上の水道・光熱費を節約

スーパーウォールの家は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を39%削減することが可能です。
さらに、水道費においても同様の39%の削減され、全体で39%の水道・光熱費を削減。年間で130,850円の節約を実現することができます。

コストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。

「+」をタップまたはクリックで
詳しい内容をご確認いただけます。

品質保証

断熱材内部の結露による劣化を35 年間保証

スーパーウォールの断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームで、室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材を採用しています。
LIXILは、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証※します。

※保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります。

全棟で気密測定を実施

スーパーウォールの家は、住宅の構造体と開口部( サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。
さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値でご確認いただける性能報告書※を作成し、お客様にお渡ししています。

※性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。

スーパーウォール工法は数々の受賞歴があります

スーパーウォール工法は、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」( 前身となる「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」を含め)を11 年連続で受賞。
さらに、昨年から設置された、5 年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰の「特別優秀企業賞」も3 年連続で受賞しています。
また、その他数々のアワードを受賞しています。